夫婦イタリア奮闘記

日本人夫婦2人でイタリア留学します。7月発なのでそれまでは準備記録を。

MENU

【イタリア語学学校】入学許可証が届くまでとその内容

f:id:duepersone:20200127192603j:plain

 

語学学校から入学許可証が届きました

 

私のと旦那のが別々で(笑)

 

 

一筋縄では届かない(笑)

 

入学金を支払った次の日の月曜日に
エージェントが学校に申請してくれて
その週の土曜日にはDHLにて発送しましたとメールが来ました。

そして3日後の月曜日には手元にやってきました。
イタリアからDHLの航空便だと3日で来るんですね〜。
外側の封筒も思ったよりきれいな状態でした。
でもその中の書類が入った封筒は使い古しっぽい感じ(笑)
the イタリア🇮🇹(笑)

 

中の書類は全部イタリア語で全く読めません•••
しかも生徒の名前欄に旦那の名前しかなくて
私の名前が見当たらない•••
宛名は連名になってるから
一緒に送られてるはずなんだけど、入れ忘れかな?


エージェントにその旨を伝えると、学校側は送ったと言ってます。
配達記録は配送済みになってますよと。

えええ〜?って思った翌日、DHLから不在通知書が入ってました。
再配達依頼をしてやっと受け取れました!
学校側が発送する時に私の方だけ書類に訂正があったから別で送ったみたいです。
送ったよ!だけだからてっきり
旦那のと一緒に送ったのかと思って
本当焦った〜😓一安心です。

こういった時に現地のイタリア語学校に
英語もイタリア語もできない中電話問い合わせするのは
難しかったのでエージェントの存在がありがたかったです。

中身もちゃんと旦那とのものと似てる書類で私の名前と顔写真もついてました。

夫婦での申し込みだったのでDHLの発送料と海外送金手数料を私の分引いてくれたそうでその訂正に発送がズレたそうです。
結局旦那と別々で書類が送られてきたから私の分の書類送金代は学校持ちになってしまい何だか申し訳ないです😓

便利なGoogle翻訳のカメラ読み込み


ちなみにこの入学許可証、エージェントからイタリア語の勉強のために読んでみたら?と言われましたがペラペラめくって即ギブアップでした(笑)

グーグル翻訳のカメラで読み込みしてみたら多少は読めましたよ!
カメラ翻訳は海外旅行中に結構使い勝手いいので(メニュー見て注文するとか)
アプリを入れておくのをお勧めします。
もちろん各国の言語を指定できますので日本語英語イタリア語以外もあります🙆‍♀️

 

入学許可証の内容

 

厚さ1センチほどの書類ですが、内容としては

入学する人の名前とコースの種類や授業量、開始日終了日
宿泊場所のオーナーの保証証明
・学校の紹介(怪しい学校ではない証明)
・学校の先生?の紹介
・授業スケジュール
・イタリア語検定もありますよご案内
・イタリアの教育省がこの学校を認めている証明

等が書いてありました。
重要なのは★部分の2つの書類で、これを見てビザが降りるかどうかが決まります。

大事なのはこの時点で住む場所が決まっていないといけないことです。
エージェントに頼む場合は、そのまま学校が用意してくれますが(1ヶ月後引っ越しOK)
個人で手配する人は学校の申し込みと同時に住む場所を見つけて書類を用意しなければなりません。


次回はエージェントと保険の窓口にて海外旅行保険についての説明を聞きに行きます。
保険は大事ですからね。
しっかり話を聞いてきてまたこちらでシェアしたいと思います。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村