夫婦イタリア奮闘記

日本人夫婦2人でイタリア留学します。7月発なのでそれまでは準備記録を。

MENU

【大英博物館】ロゼッタストーンとナイトミュージアム

ロンドンといえば大英博物館

 

ビックベンやシャーロックホームズも素敵ですが、やはり大英博物館が私の中で大本命でした。

ベックベン・シャーロックホームズについては以下でご紹介しています😊 

 

www.duepersone.me

 

大英博物館(British Museum)のアクセス

何個か駅がありますが、メインの入り口に近いのは地下鉄のトッテナムコートロード駅とホルボーン駅です。
どちらも歩いて5分ほどで着きます。
駅から美術館までも看板もありますし人の流れに沿っていけば迷うことなく着きます。
10時〜17時半までしかやっていないので注意してください。
入場料は無料だし、カメラ撮影もOKです✨日本の美術館とかとは違いますね!
お気持ちの寄附金をすることもできるので是非。

 

 

ナイトミュージアム(Night at the Museum)

ベン・スティラー主演のナイトミュージアムといえば、子供も大人も楽しめるファミリー映画の一つですね。
以前何かのランキングで子供に安心して見せれる映画としてランクインしていたのを見ました。

 

撮影地は3ヶ所


ナイトミュージアムは全3作です。
1作目のナイトミュージアムのロケ地はNYにあるアメリカ自然史博物館でした。
2作目がワシントンDCにあるスミソニアン博物館で、
3作目のナイトミュージアム・エジプト王の秘密がここロンドンにある大英博物館なんです!

f:id:duepersone:20200218020958j:image

 

f:id:duepersone:20200218021006j:image


映画を見たことがある方なら、この入り口や受付を見ると「あ!ここ見たことある!」となるのではないでしょうか?

 
私も実際に目にして映画の撮影地だ!と興奮しました
映画や漫画などで見たところに行く聖地巡礼は自分のその中に入り込んだ感覚になるのでハマります。
先日ボーン・スプレマシーを見たのですが、モスクワのシェレメーチエヴォ空港が出ていたので、7月に行く時に撮影場所を見つけたいと思います😁

 

大本命エジプトコーナー

 

f:id:duepersone:20200218030007j:image

 

人生の中で一度で良いから見たいものの一つがロゼッタストーンでした。

今までシャーロックホームズが好きだ映画が好きだと言ってきましたが、何よりも好きなのが古代エジプトの溢れるロマンです。

きっかけは小学生の時に叔母から借りた漫画、王家の紋章です♡
昔っぽいキラキラの目をした絵とストーリーにのめり込みました。
なのでエジプトにハマって20年、この旅でロゼッタストーンをお目にかかれるとはとても幸せなことであります。

 


ロゼッタストーンとは


上からヒエログリフ、デモティック、ギリシャ文字で同じ内容が書いてある大きな石です。
元々はエジプトのメンフィスにあったものなのですが、あのナポレオンがエジプト遠征の時に一緒に行ったピエール・フランソワ大尉が見つけてフランスに持ち帰ったのです。
その後戦争の流れでフランスからイギリスに移り、今は大英博物館にあるのです。

持ち帰った石をシャンポリオンが解読したことによってヒエログリフが読めるようになり、古代エジプトの謎が一つ解き明かされました。
ロマンですね〜♡
高校生の時、ナポレオーン、シャンポリオーンと覚えたものです。

そんなロゼッタスットーン、ナイトミュージアムに出てるルーズベルト役のロビン・ウィリアムズも2ショットを撮っていました。

 

ラムセス二世も!

新王国第19王朝のファラオです。
私の一番好きな時代がこの新王国時代です。
エジプトの華やかさと栄えた時がとても魅力的です。
ラムセス2世といえば、アブ・シンベル神殿ですね!
高校生の時の授業で神殿の奥に神様3体と自分の像を並べて設置していて、朝陽だか夕陽だかが入り口に差し込むと、アメン・ラー神とラムセス2世の像が黄金いろに輝くと聞きました。
今は場所を移してしまい見れないそうですが、そんなところまで計算して作るなんて•••本当ロマン•••


f:id:duepersone:20200218030259j:image


ちなみにラムセス2世の妃はネフェルタリで、世界三代美女のネッフェルティティとは別の人です。名前似てるから混ざりやすいですよね。
ネッフェルティティは第18王朝のファラオ、アクエンアテンの妃です。

f:id:duepersone:20200218030102j:image

 

その他にもゲイヤー・アンダーソンの猫というタイトルで女神バステトを表す猫の像やカラフルな壁画など盛り沢山でした☺️


f:id:duepersone:20200218030059j:image
f:id:duepersone:20200218030229j:image

 

そしてここにはミイラもたくさんありました。
今にも王家の呪いだ、と動き出しそう。


f:id:duepersone:20200218030732j:image

日本でも少し前にミイラ展がやってましたね。
そんな専門展示をやるくらいなのだから好きな人も多いのでしょう。
こちらのミイラが入っている棺も美しいこと…。

 

f:id:duepersone:20200218030849j:image

 

わたしが良くするこのポーズもエジプトポーズと名付けています(笑)
とても素敵な博物館なので、エジプト好きもそうでない方もロンドンに行かれた際には大英博物館に足を運んでみてください。

 

エジプトだけでなくアッシリアやギリシャのコーナーも素敵ですし、カフェやお土産コーナーも充実してます

きっと楽しみめること間違いなしです✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村