夫婦イタリア奮闘記

日本人夫婦2人でイタリア留学します。7月発なのでそれまでは準備記録を。

MENU

【イギリスの結婚式】大学にある博物館で愛を誓う♡

結婚式、いつ行っても幸せのお裾分けをもらえますよね🥰
特に親族となると尚更ではないでしょうか?

 

 

叔母の結婚式はイギリスのoxford大学で

 

3年前、母方の叔母の結婚式に参列してきました。
お相手はイギリス人男性でひと回り年下😳✨
やりますね、叔母さん😏

 

叔母も旦那さんも共にオックスフォード大学を卒業しているので母校で結婚式をすることになりました。
母校で結婚式ってできるんですね。結婚式場かレストランぐらいしかできないと思ってた…。
日本でも水族館でやってる人とかいますもんね😳

 

アシュモレアン博物館(Ashmorean Museum)

Welcome | Ashmolean Museum

 

 

結婚式と披露宴はオックスフォード大学の中にある、アシュモレアン博物館でやりました。
アシュモレアン博物館は大英博物館のオックスフォード版と言われているくらい充実した博物館です。
大英博物館についても語ってるのでぜひチェックしてみてください。

 

 

www.duepersone.me

 

 

アシュモレアン博物館は世界最初の大学博物館です。
アシュモールさんがコレクションしたものを大学に寄贈したことによって建てられました。
このアシュモールさん、錬金術の研究家で政治家でアンティーク物の収集家だったそうです。
なんか色々すごい人(笑)

 

着物でイギリスを歩いたら

 

f:id:duepersone:20200220004819j:image

 

妹の髪の毛を巻いて、母の訪問着を着付けて
自分の振袖を着たので朝からヘトヘトでした😂
しかもその日に限って着付けがうまくいかない日で
(自分で着る人はわかるのではないでしょうか)時間がなくなると焦る中着たので身八つ口がたるんでる…。
帯も本当は飾り結びをするつもりでしたがよく分からなくなって変形お太鼓ってことにしました(笑)
日本でやったら指摘されるやつですね… 

ですが博物館に向かう途中、知らない人たちにBeautiful!!とかJapanese?とかI love Kimono!!と声かけてもらったり、写真撮ろうと言ってもらいました。
今はコロナで日本人差別もあるみたいですが、日本文化を好きと言ってもらえると嬉しいですよね。

 

f:id:duepersone:20200220005232j:image

 

イギリス国旗の前で妹と。

イギリス式の結婚式

 

f:id:duepersone:20200221023419j:image

 

式は全て英語で行われたので、なにをいってるのかわかりませんでしたが…😂

参列客が全員席に着くと、横のドアから(参列客と同じドア😳)ノリノリで新郎が入ってきました。
それはそれは幸せそうな、ちょっとステップ踏んじゃってるような感じで(笑)

 

f:id:duepersone:20200221111836j:image

 

しかもポケットに手を入れてるあたりが、余裕な感じ?可愛い😂

 

f:id:duepersone:20200221111923j:image


その後しっとりと階段から新婦が現れて、お世話になった教授?と一緒に降りてきました。

f:id:duepersone:20200221111941j:image

 

そうして合流した2人は神父さんと役所の人の前に立ち、何か誓ったあと(全く何言ってるのか…)テーブルに移動して婚姻届を記入。
イギリスでは役所職員の結婚登記官立会いのもと、婚姻届の提出することがとても大事なことなのです。

 

f:id:duepersone:20200221110813j:image

 

その後親族写真を撮ったのですが、こちらはお相手の家族。なんとまぁ映画の世界みたいなこと😂
みなさん割とカジュアルとは言わないけど、大人しめな服装でした。
もっとドレスアップしてくるのかと思ってました。
ちなみにこの写真の中には中2・高1の女の子がいるのですが、当時25歳のわたしよりも断然大人っぽかったです。

イギリス式披露宴

 

式の後は直ぐ横の博物館の一部の部屋に移動してプチパーティー?が始まりました。

 

f:id:duepersone:20200221112828j:image

 

3・40分くらいかな?ワイン飲んで待っていると、セッティングができました〜と、また違う博物館の部屋に移動して着席。

 

f:id:duepersone:20200221122257j:image

丸テーブルにお花、日本と同じですね🥰
というか日本が西洋風にしているのか(笑)

f:id:duepersone:20200221111406j:image

 

イギリス料理は不味いと有名ですよね。
実際に食べてみると確かに…味が薄いか濃すぎるかの極端で、これは美味しい!になかなか出会えませんでした。
が、結婚式のお料理は違いますね。

 

f:id:duepersone:20200221122224j:image

f:id:duepersone:20200221122221j:image

 

ウェディングケーキ、華やかでめっちゃ可愛い♡
こちらは新婦の友人の手作りだそうです。すごい…!

 

新郎新婦の高砂はなくて、新郎の親族と一緒のテーブルで一緒に食事をしていました。
余興は全くなかったです。
日本であればプロフィールムービーだとか、誰かがピアノを弾くだとかありますが、食事を終えた新郎新婦が参列者のテーブルに挨拶に回ってくれたくらいです。 

 

f:id:duepersone:20200221113704j:image

でもそのおかげでゆっくりみんなと話せたし、良いのかもしれないです。
自分の結婚式の時は慌しくすぎていって、来てくれた人と話せたのは二次会でって感じだった気がする。


でも彼らの結婚式はこのスタイルなだけであって、余興バンバンなイギリスの結婚式もきっとあるのでしょう。

 

昼過ぎから始めた結婚式が終わったのは夜になってからでした。
日本の結婚式、披露宴あわせて3時間って短いですよね。このくらいのボリュームでやれたら楽しそう😌

 

次の日はもう帰国だったので、尾を引かれながら就寝。またイギリスに行きたいです。
なんてしんみりしていたのですが、この時はまだ次の日飛行機を逃してもう一泊する事を知らず😂

 

www.duepersone.me

 

みなさんも気をつけて海外旅行を楽しんでください。
無事に帰ってくるまでが旅行ですね😂✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村