夫婦イタリア奮闘記

日本人夫婦2人でイタリア留学します。7月発なのでそれまでは準備記録を。

MENU

【コロナウィルスによる妨げ】留学延期もあり得る?

2019年の年末からコロナウィルスの報道開始をし、話題になったのが今年に入ってからでしたね。
もう2月も終わりますがまだまだ自体は収まりそうになく、海外旅行のキャンセルをしている人も多いです。
留学を控えている方たちは自分たちが出国する時にコロナは収束しているのか、はたまた入国不可になっているのか心配なことと思います。

 

f:id:duepersone:20200227225444j:plain

イタリアの今の現状

日本でコロナが話題になり始めた頃、
母にあなた達は日本にいるよりイタリアに行った方が安全ね〜なんて言われていましたが•••
日本の感染者数170人を超えてイタリアの感染者数が322人になりました。
(日々変わっているのでブログを書いている現時点です。また日本は検査できないから増えないとも言われていますね。)
コロナが拡大しているのは北イタリアのロンバルディア州で、ファッションの街ミラノがあるところです。
私たちの留学先はそこミラノの予定で、学校も家もミラノ付近です。

世界には沢山の国があるのに、まさかのここでイタリア?となりました…

イタリア北部では学校が休校になっていたり、観光地の大聖堂(ドゥオモ)が閉まっていたりと対策を打ち始めています。
アルマーニというイタリアのブランドは秋冬のコレクション発表を観客を入れずに開催しました。
すぐ隣のベネチアでは世界三代カーニバルと言われる18日間行われるイベントを2日早く切り上げたそうです。
同時にロンバルディア州の11の自治体に住んでる住民は出入り禁止となりました。

 

そのロンバルディア州の州知事の側近がコロナになったとの事で州知事は今は問題ないそうですが自主的に自己隔離されてます。
可哀想で泣けてきますね…。


そしてイタリアは中国、香港、台湾、マカオを行き来する直行路線を全面中断としました。
この時期に中国経由で乗り換えてイタリアに入国する予定だった方達は航空券の変更をし、中国経由以外で入国する必要がでてきました。
(きっとすごく焦ったのでは•••)

 

追加でロンドンとミラノ間の直行便も今後2週間キャンセルする事が決まりました。


国境は今のところ閉鎖する予定はないようで、隣国から入ることはできます。

 

今後はどうなる?

 

コロナがいつ収束するのかわからない今、7月出国予定の私たちはこのまま手続きを進めるしかありません
3月には海外旅行保険に加入し、4月にはビザ申請を出す予定です。
もう学費は振り込んでいますので、最悪の場合日本人入国不可と言われたら返金されるのかエージェントに確認したところ学校に返金依頼はするがなんとも言えないと言われてしまいました•••。
流石に2人で約100万円、そのままって事はないでしょう•••と信じたい。

またオリンピックの延期なども不明確ですね。
5月下旬には答えを出すそうですが、もしオリンピックをしなかった場合そのレベルなのだから日本人は他国に入国できなくなる、なんて噂も流れていますが•••噂に流されず事実だけを確認して行きましょう。

SARS、MARSの終息宣言が、蔓延してから7〜9ヵ月後だったそうで今回のコロナはそれ以上に勢いがあり1年近く続くのではないかと言われています。
明日にでも終息してほしいわ…

 

 

海外旅行保険の適用

 

こちらのさばさん(id:shiina-saba13)の記事が分かりやすいのでぜひ読んでみてください。
私も勉強させてもらいました。
自分は大丈夫とどこか心の片隅で思っている方もいらっしゃるかと思いますが、知識をつけておくのは万が一の時に助けになるはずです。
自分だけでなく大切な人のためにも確認しておきましょう。

 

shiina-saba13.hatenablog.com

 

頻繁にチェックすべきHP

 

外務省の海外安全ホームページでは随時イタリアの情報が乗っているので確認してください。
具体的に11の自治体がどこなのかとか何人がどんな状態なのか詳しく書いてあります。

www.anzen.mofa.go.jp

 

今現在イタリアにいらっしゃる方も、これから向かう方も楽しいイタリア旅行・留学・生活をおくれますように•••。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村