夫婦イタリア奮闘記

日本人夫婦2人でイタリア留学します。7月発なのでそれまでは準備記録を。

MENU

【1年間の留学には220万必要‼︎】1年で達成した貯金方法紹介

総務省家計調査によりますと、1年間の貯蓄額が世帯年収500万の家庭は約39万、世帯年収600万で約72万、800万で約99万だそうです。

我が家は子なし夫婦で私は派遣社員として働いています。世帯年収550万ほどです。
それでも去年1年間で250万貯金したのでその方法を紹介していきたいと思います。
ちなみに250万の貯金とは別に結婚式と新婚旅行もあったのでかなり頑張りました😂

 

 

f:id:duepersone:20200305225820j:plain



1年間の留学を決意したら220万必要

 

イタリアに一年間語学留学する場合に必要な留学費がいくらかご存知ですか?
イタリアでは学生ビザ申請の際に大使館に通帳残高を見せなければなりません。
その時に必要な貯金額が1人120万と言われています。

その120万というのは、学費や航空券、海外旅行保険を支払った後に必要な残高です。
ですのでそのことを踏まえると1年間の留学に220万円必要で貯金すべきとなります。

 

この残高ですが、一時的に親から借りることも可能です。
ですが120万と言われているのはイタリア生活で1年間無収入でも暮らせるであろう金額として指定されているので、120万より少なく渡伊しても苦労するのは自分です。
早く行きたい気持ちはわかりますが最低220万貯金し、120万口座に残る状態にしてから行くことをオススメします。

 

この120万ですが2020年の話なので今後移民問題もあり増える可能性もあります。
また日本人は120万ですが他国では300万500万と求められる貯金額が違います。
日本人は信用されてなのか比較的少ない貯金額で行けるのでラッキーですよね。
それも過去に留学した先輩たちの真面目な態度のおかげでしょう。

 

貯金するときはメリハリをつける

 

まず…欲しい物ややりたい子を全部我慢して娯楽費全て貯金する!なんて計画は大体うまくいかないのでオススメしません。

 

ですので貯金をする!と決めた時からゴールまでの日の中でやりたい事をリストアップしておきます
私たちの場合は大きな出費として新婚旅行が入っていました。
(結婚式に続き新婚旅行も私がどうしてもしたかったから•••😅)
またお互いの誕生日やクリスマス、年末の帰省費用など予想できるイベントも書き出しました。

 

f:id:duepersone:20200226193451j:plain

 

12月より前のやつ捨てちゃってた…
けどこんな感じで使うであろう金額をあらかじめ書いておく事で見通しが立ちます。
一回書いたら終わりじゃなくて何か予定が立ったら追加書きしていく感じですが、それでも最初の1回でなんとなく形になるはずです。

そうして例えばこの月は友達の結婚式があるから5万貯金だけど、この月は予定があまりないから10万貯金しよう!みたいに調節する事ができます。
毎月同じ金額貯金できれば理想ですが、使う金額が毎月一緒ではない場合難しいですよね。

また欲しいものとその予算も書いておきましょう。
不思議と欲しいもの、やりたいものリストに書くと叶うもんです。

 

まずは先取り貯金

 

先程立てた年間スケジュールをもとにお給料が入ったら先に貯金してしまいましょう。
留学用に新しく口座を作って、絶対引き落とさない鋼の意思を持ってください。
本当に貯金ができない人って先取り貯金をしても月末足りなくなってそこから引き落としちゃうんですよね•••。私も学生の時はそうでした😓

いざと言う時の為貯金

 

そこでオススメなのが留学用の貯金とは別に月に5,000円とかでもいいのでいざと言う時の為貯金をすることです。
使わなければ貯まりますし、どうしても入用の時は助かります。
病院行きすぎてどうしても生活費が足りないとかってあると思うんです。

また前月分の生活費の残りも同様に留学用貯金とは別に小銭だとしてもいざと言う時の為貯金に回しておいてください。
チリも積もれば山となるとはよく言ったもので、どうしても足りない!って時によく助けられてきました。
留学用貯金を切り崩す事だけば避けましょう。 

 

削りやすいのは通信費

 

入ってくる収入が一定ならば、節約をするのが大事になってきます。
そこで1番に見直すべきなのはスマホなどの通信費です。
旦那も今までauだったかな?に月15000円ほど払っていたようですが、Y!mobileにしてもらい5000円程度で収まっています。
私はアプリDLとかもしてないのと端末一括購入してるので月々600円ほどです。

 

都内在住で地下鉄にも乗りますが電波が届かないなんて不便もないですよ。
旦那の実家の山形でも電波状況よしです。
格安simなどたくさん出てるので、自分にピッタリのプランを探してみてください🥰

 

不要品はメルカリ・リサイクルショップ

 

やっている方も多いでしょう。
是非不要品はメルカリまたはリサイクルショップに売っちゃいましょう。
私も軽く10万超え、20万ぐらいは売ってきたと思います。
家庭に眠る隠れ資産額は70万と言われているので、売る物ないよ〜なんて方ももう一度チェックしてみてください😌


文章や写真のテクニック次第で高くも安くも売れるので売れてる方の物を見て勉強して見ましょう。
そして売り上げ金ですが、いざという時の貯金しても良いかと思います。
もしくはお小遣いとかにして欲しいものを購入しても。
元々はないはずのお金なのでこの売上金を入れて留学費の計算をするのは危険です😅 

 

ボーナスは全額貯金

 

f:id:duepersone:20200305225558j:plain

 

私はボーナスがないので、旦那のボーナスなのですが感謝して全額貯金させて頂きます。
留学貯金が終わったら旦那の好きに使ってもらいたい🙏
留学が一番の目的なので、ここはグッと我慢をお願いします😌


その代わり年間スケジュールで組み込んでおいた欲しいものなどはその時々に買いましょうね。
二回言いますが全部我慢は続きません。
ボーナスはある程度額が大きいと思うので、通帳記入した時に一気に増えてモチベーションも上がりますよ。

食費はケチらない、けど賢く買う

 

私たちは渋谷まで自転車で行ける都会のど真ん中に住んでいるので(旦那の仕事の都合上😓)家の周りにあるスーパーは肉でも野菜でもとにかく高いです。
近くに業務用スーパーなどもないのでそこで買うしかないのですが、本当に高くて例えばお肉の中で一番安い鶏胸肉でg 110円とかするんですよ。
ですが変に節約し、もやしばかりにして体調を崩しても仕方がないので購入していました。
なので2人で月に食費4万くらいかかってました。外食費は入ってないです。。。

そんなある日、友人の家でお茶した後、その家の近くのスーパーに寄って見たらとっても安かったのです。
鶏胸肉がg 34円(笑)!!その日は肉の日でいつもより安かったそうで、まとめ買いしました。
そうするとその月の食費が2万くらいに収まったのです。
それ以来交通費をかけても月に一度肉の日は友人の家の方のスーパーでまとめ買いすることにしました。

毎日のお買い物で毎回節約するのはきついですが、お肉さえまとめ買いして冷凍しておけば野菜は家近くのスーパーで買っても安く済むことに気づいたのです。
なので時間がないけど節約したい方は月に一度だけ最寄駅から離れてでもお肉のまとめ買いだけすることをオススメします😍

 

物を買う時は長く使える物を

 

多少高くても長く使える物、そして本当に欲しい物を購入することをオススメします。
節約と思ってパッと目に飛び込んだ安い服を買うよりも決心して買った高い服の方が満足度も高いですし、長持ちします。


お手入れをしながら着用すれば愛着も湧きますし、手放す時も元値が高い分高く引き取ってもらえる可能性があります。

安かったからで買ってもなんか違う•••とか着心地が•••とかとなると物欲が満たされなくてまた安い物を買っての繰り返しで結局高くついてしまいます。
安いものが全て悪いわけではないですよ。私もダイソーとかよく利用します。
商品の価値と自分の満足感をよく見極めてから買って見てください☺️

 

家計簿を書くか、袋分けする

 

生活費の管理は家計簿を書くか、各項目ごとに予算を決めて現金を封筒に分けて使うかしましょう。
両方やってみて、自分に合う方を見つけてみてください。
最初から簡単にお金の管理できる人の方が少ないので、一つのやり方が出来なかったから諦めるなんてせずに色々試してみましょう✨


家計簿


家計簿を書く場合は手書きを推奨します。細かいですけど買ったもの全て記入すると、月の終わりにはその商品の底値が見えてきて覚えられるようになっているはずです。
そうなればスーパーで買い物をする時に、今日はヨーグルト178円かぁ•••120円で買える日もあるんだよなぁ辞めておこう。なんてできるようになります。
これは書かないとなかなか覚えられないですね•••

やり方は「づんの家計簿」を参考にしていてしっくりきているので、この方の本を読んでみることをオススメします。
本を読むとやり方がわかって楽しいですよ。
元々書くことやデコることが好きな人に向いている方法だと思います。 


この方、たくさん本を出していてほぼ全部読んだのですがこの本が一番わかりやすかったです!

 

袋分け管理


私は今手書きの家計簿で管理していますが、その前は袋分けをしていました。
袋分けの時は食費を5週間に分けたものと雑費でやっていました。
その項目で収まればいいので家計簿をつけたりしなくて大丈夫です。
現金で払うので目に見えやすく使いすぎもありませんでした。
袋分けはhanaさんの本を参考にやっていました。

 

キャッシュレス還元が増えたので現金の煩わしさから家計簿式にしましたが、一々書くのがめんどくさい人はこの袋分けをオススメします✨
これは予算を守りやすいので最初の1歩に良いかも。
この方も2冊出してるのですが、実践編ではなくて普通の?方がわかりやすくておすすめです

 

まとめ 

 

そんなこんなで無事1年で250万達成でき、4月のビザ申請には120万超の提示ができます。
また4•5•6の3ヶ月間も貯金できるので+αできる予定です。
かなり苦しい1年でしたが、その代わりイタリアで美味しいものいっぱい食べれるでしょう(笑)
少しでも長く留学先に滞在できるように、皆さんもしっかり準備して行きましょう☺️

 

www.duepersone.me

www.duepersone.me

www.duepersone.me

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村